海老名市文化会館 - Ebina Culture Hall
トップページへ
施設のご案内
大ホール棟 小ホール棟 大ホール棟諸室 小ホール棟諸室
予約システム
海老名市民ギャラリー
所在地
海老名市文化会館
〒243-0438
神奈川県海老名市めぐみ町
6番1号
TEL:046-232-3231(代表)
FAX:046-234-9234
周辺地図
指定管理者
横浜メディア アド・相鉄・神奈川共立 共同事業体
最新イベント情報
イベント情報 詳細
「Afternoon Salon vol.4 アメリカン・アートソングの世界〜メニッシュ純子&森下唯デュオリサイタル〜」
2017年7月25日

チケットは完売いたしました。当日券はございません。

午後のひとときを素敵な音楽でゆったりお過ごしいただく「アフタヌーンサロン」、vol.4は「アメリカン・アートソング」をお届けします。

声楽作品というとヨーロッパのクラシック音楽を連想しますが、このリサイタルではアメリカで育まれた声楽曲を取り上げます。19世紀後半、ヨーロッパで音楽を学んだ作曲家たちによって、クラシック声楽曲の流れを汲みながら、フォスターなどのポピュラーソングをも踏まえた、より芸術的な歌曲が作曲され始めます。それらは、賛美歌、南部アメリカの労働歌、黒人霊歌などを取り込んで、多様性に富んだアメリカ独自の芸術音楽となってゆきます。時に格調高く、時にポップスを思わせる洒落たところもあるのがアメリカン・アートソングの魅力です。日本ではあまり紹介されていないアメリカン・アートソング、この機会に新たなクラシック音楽の魅力を発見しませんか?

【演奏予定曲】

アルジェント:6つのエリザベス朝の歌

ローレム:愛、金髪のジェニー

コープランド:古いアメリカの歌 ほか

 *曲目は都合により変更になる場合がございます。


【出演】

◆メニッシュ 純子 Junko Menish(ソプラノ)

東京学芸大学を経て東京藝術大学卒業、同大学大学院修士課程修了。修士課程在学中フランス・パリ留学。2014〜15年アメリカ・ノースカロライナにてアメリカアートソングを学ぶ。第75回日本音楽コンクール第2位、第17回奏楽堂日本歌曲奨励賞、第17回日本声楽コンクール入選、第23回飯塚新人音楽コンクール入選、東京文化会館新進音楽家オーディション合格、デビューコンサート出演、第10回日本クラシック音楽コンクール第3位(1位なし)。声楽を高橋修一、中村智子、ウーヴェ・ハイルマン、ペギー・ブヴレ、ダイアン・エリアスの各氏に、ドイツリートをコンラート・リヒター氏に、アートソングをサンドラ・コットン氏に師事。これまでにエリー・アーメリング、エディト・マティス、ロベルト・ホル、ヴェロニク・ディーチ、バーバラ・ボニー各氏のマスタークラスを受講。モーツァルト「レクイエム」、バッハ「ロ短調ミサ」等のソロを務めるほか、ソロリサイタルを開催するなど、歌曲、宗教曲を中心に演奏活動を行っている。

 

◆森下 唯 Yui Morishita(ピアノ)

筑波大学附属駒場中・高等学校を経て東京藝術大学卒業、同大学大学院修了。2004年、第2回東京音楽コンクール第2位。東京文化会館小ホール等でのリサイタルのほか、オーケストラとの共演、リート伴奏、室内楽などの分野で演奏活動を行う。演奏以外にも、作編曲、文筆など幅広く手がけている。アルカンの作品の紹介には特に力を入れており、2008~10年にはPTNAのウェブサイトにて、アルカンの作品集『エスキス 作品63』を全曲紹介する企画を連載。株式会社プリズムより出版された『エスキス』等、アルカンの楽譜の校訂・解説も担当した。2015年10月ALM RECORDSよりCD「アルカン ピアノ・コレクション1《交響曲》」を、2016年10月には「アルカン ピアノ・コレクション2《協奏曲》」をリリース。ピアノを竹尾聆子、辛島輝治、東誠三の各氏に、リート伴奏をコンラート・リヒター氏に師事。東京藝術大学非常勤講師。「ピアニート公爵」名義でも活動中。


【日時】2017年725(火) 13:30開場 / 14:00開演


【会場】海老名市文化会館 1階 120サロン


【チケット】

全席指定 1,000円(税込)  ※未就学児入場不可 


【チケット取扱】

※4/21(金)10時より窓口発売および、電話予約開始

◆海老名市文化会館 TEL 046-232-3231(10:00〜17:30)

*当公演のチケットは海老名市文化会館以外でのお取り扱いはございません。


【主催】海老名市文化会館指定管理者

【後援】海老名市


【お問い合わせ】海老名市文化会館 tel 046-232-3231