海老名市文化会館 - Ebina Culture Hall
トップページへ
施設のご案内
ご利用のご案内 ご利用時の注意点 付属設備・貸出器具 主催者用駐車場 施設の平面図
予約システム
海老名市文化会館
所在地
海老名市民ギャラリー
〒243-0432
神奈川県海老名市中央
二丁目9番50号
TEL:046-235-0366
FAX:046-235-1186
周辺地図
指定管理者
横浜メディア アド・相鉄・神奈川共立 共同事業体
最新展示会情報
展示会情報 詳細
「ゴトー孟のおもしろ工作ランド展」
2016年8月19日

おもしろ工作が大集結!夏休みは海老名市民ギャラリーにみんな集まれ〜!楽しい展覧会が、はーじまーるよー!

お菓子の空箱、ガチャガチャのカプセル、使い終わったプラスチックスプーンやフォーク・・・それらは一見すると「ガラクタ」=「いらないもの」ですが、見かたを変えると工夫次第で何にでもカタチを変える宝の山!この展覧会では自称・B級アーチストのゴトー孟さんが創造の翼を広げて作り上げた「おもしろ工作」をご紹介します。現代を生きる子どもたちだけでなく、かつて子どもだった大人のみなさんも想像の翼を広げてご覧ください。


〜展覧会概要〜

【会期】2016年8月19日(金)〜8月23日(火)

【開館時間】10:00〜17:00(最終入館16:30)

【会場】海老名市民ギャラリー 

【観覧料】無料

【主催】海老名市文化会館指定管理者

【後援】海老名市

【開催趣旨】

夏休み期間中の展覧会ですが、単なる宿題の消化が目的ではなく、子どもの文化としての工作の面白さと楽しさを伝えたいー。

 現代の遊びはゲーム機一辺倒の感があり、オモチャは既製品化され、あるいはキット化されて久しく、かつての手作り遊びという子どもの文化は完全に消滅をしてしまいました。そうかといって、竹とんぼ、糸巻き戦車など当時の日常生活の中の素材で遊んだ時代を大人の郷愁だけで懐かしがっていても何の意味もありません。

 B級アートを自称するゴトー孟さんの「おもしろ工作」は日常生活の中に素材を求めるという点では、かつての手作り遊びの時代とまったく同じ手法を用いながら、現代に工作遊びを蘇らせるという「目からウロコ」のコロンブスの卵的発想のユニークさは半端ではなく、子ども達に工作遊びの本当のおもしろさを提案しています。

 また、関連ワークショップに際しても、どこの家にでもありそうな素材を使っているため、会場で体験的に作るだけの工作ではなく、子どもたちが家に帰ってからも再現が可能なことからも、生きた遊びとしての提案が出来るものと思います。

*中でも「ガラクタ宇宙船」の工作は、とある著名な工学博士から、「一見同じような素材を使いながら、子どもたちが自分の工夫を盛り込むことで、それぞれに違った形に発展する。それが理科好きの子どもを育てる要素につながる優れた工作だ。」とお褒めの言葉をいただいたそうです。


〜関連ワークショップ〜(*事前申込制)

「はばたけ!ぼくの、わたしの宇宙船!〜ガラクタで宇宙船を作ろう!〜」

【日にち】2016年8月20日(土) / 8月21日(日)

【時間】各日10:00〜12:00

【会場】海老名市民ギャラリー 第2展示室

【対象】小学生とその保護者(*保護者1名につき、小学生2名まで)・各日10組

【参加費】作品1個製作につき500円(*一人一個まで)

【申 込】メール・FAX・郵送もしくは海老名市文化会館に来館のうえ、お申し込みください。*申込書のダウンロードはこちら

メール・FAX の場合は下記必要事項を明記のうえお申し込みください。

1、タイトル・本文に「宇宙船ワークショップ」と明記

2、参加希望日

3、参加者全員の氏名とお子様の学年

4、申込者住所、連絡先(郵便番号・住所・電話・FAX・メール)

【応募先】

メール → kikaku@ebican.jp

FAX → 046-234-9234 

郵送→〒243-0434海老名市上郷476-2 海老名市文化会館「宇宙船ワークショップ」係

【しめきり】2016年7月20日(水)必着しめきり。

*7月31日(日)までに当落を応募者全員へ郵便にて通知いたします。


【この展覧会および関連ワークショップに関するお問い合わせ】

海老名市文化会館 Tel 046-232-3231(10:00〜17:30)